100歳まで生きるとしたら、 今後は何が変わってくるのだろう? 1/2

長寿化だけではなく、人口減少が起きてきます

日本は、世界最速で長寿化が進んでいます。

日本はそれ加え、人口動態の問題にも突入しています。

実は、日本は長寿の国であるばかりでなく、

著しく出生率の低い国でもあるのです。

この2つの要因により、

高齢者人口が増える一方で、

総人口が減少しています。

一時は1億3000万人に達した人口は、

国連の予測によれば、

2060年には8700万人にまで減少し

65歳以上の高齢者が40%に達するといいます。

日本政府はすでに、

移民の受け入れや出生率向上のための

施策を検討しています。

80代まで働かなければならない?

「100歳まで生きるとして、

勤労時代に毎年所得の10%を貯蓄し、

引退後は最終所得の50%相当の資金で

毎年暮らすとした場合、

何歳で引退できるか?」・・・・・

『ライフ・シフト』の答えでは、

80代まで働く必要があると。

長寿化の恩恵に最大限浴したければ、70代、さらには80代まで働かなければならないのです。

古い職種が消滅して、新しい職種が出現

100年前に雇用の大多数を占めていた

「農業」と「家事労働」が大きく減り、

「オフィス労働者」の割合が大幅に増加しています。

今後は、

ほぼすべての職が

「ロボット」と「人工知能」によって代替されるでしょう。

あらゆる業種がこの影響を受けるでしょう。

お金の問題がすべてでない

長寿化をめぐる議論は

お金の問題に偏りすぎる傾向にあるようです。

100年人生への準備は、

資金計画の準備だけで事足りるものではありません。

健康、人間関係、スキルといった資源が枯渇すれば、

長いキャリアで金銭的成功を得ることは困難でしょう。

一方で、金銭面で健全な生活を送れなければ、

お金以外の重要な資源に投資するゆとりも持てません。

人生はマルチステージ化する

一昔の20世紀では、

人生を3つのステージに分けて考えられました。

すなわち、

「教育」→ ②「仕事」→ ③「引退」

の3ステージです。

しかし、

寿命が延びても引退年齢が変わらなければ、

大きな問題が生じます。

ほとんどの人は、

長い引退生活を送るための十分な資金を確保できません。

となると、

「仕事」のステージを長くする以外に

方法はありません。

しかし、これだと、

あまりに過酷で消耗的です。

また、あまりに退屈かもしれません。

そこで、

「マルチステージの人生」という考え方が出てきたのです。

生涯に2つあるいは3つのキャリアを持ちます。

まず、金銭面を最も重視して長時間労働しても良いでしょう。

次に、家庭とのバランスを優先させても良いでしょう。

社会への貢献を軸に生活を組み立てても良いでしょう。

寿命が伸びることの恩恵の1つは二者択一を強いられなくなるのです。

100歳まで生きるとしたら、 今後は何が変わってくるのだろう? 2/2

に続きます。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画を試みています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。