100歳まで生きるとしたら、 今後は何が変わってくるのだろう? 2/2

100歳まで生きるとしたら、 今後は何が変わってくるのだろう? 1/2

からの続きです。

Recreation(娯楽)から、Re-creation(再創造)へ

マルチステージの人生を生きるには、

自己への投資が必要となります。

新しい役割に合わせて自分のアイデンティティーを変えるための投資、

新しいライフスタイルを築くための投資、

新しいスキルを身に着けるための投資、

が必要です。

これまでは、こうした投資は、

人生の最初のステージ、つまり「教育」のステージ

の時期に集中して実施されてきました。

しかし、

人生がマルチステージとなると、

生涯を通して自己投資が行われます。

余暇時間を使って、

スキル健康人間関係

投資することになります。

これまでの典型的な余暇の過ごし方は、

映画をみたり、

海辺に行ったり、

コンピュータゲームをしたり、・・・

して時間を消費することでした。

しかし、

寿命が延びて増えた余暇時間は

投資のためにも使うべきとなるでしょう。

人生が長くなれば、

余暇は、

レクリエーション (recreation) のために使うばかりでなく、

新しいステージに向けて自分を再創造する、

リ・クリエイション(re-creation)するための

投資の時間にもなるのです。

100年人生の恩恵の一面は、

余暇時間の使い方を見直し、

消費とレクリエーション(娯楽)の比重を減らして、

投資とリ・クリエイション(再創造)の比重を

増やせることなのです。

年齢とステージが一致しなくなる

3ステージの人生、すなわち

「教育」→「仕事」→「引退」を、

多くの人たちが、

この順番通りに歩み

同世代の人たちが一斉行進する時代が終わります。

マルチステージでは、

どのステージをどの順番で経験するか、

という選択肢が大きく広がります。

ステージを経る順番は、

3ステージの論理ではもはや決まりません。

一人ひとりの嗜好と状況によって決まるのです。

したがって、

年齢とステージが一致しなくなるでしょう。

いまは、大学生だと聞けば大体年齢わかります。

が、マルチステージの人生が当たり前になると、

そうはいかなくなります。

特に、新たに出現するステージは、

ますます年齢と関係がなくなってくるでしょう。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画を試みています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。