もうひとつの脂肪細胞 ―褐色脂肪細胞―

前記事、

脂肪の正体 ―白色脂肪細胞―

では、脂肪とは白色脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪ということでした。

そして実は、

肥満とはこの白色脂肪細胞が、肥大・増殖した状態

とのことでした。

ところで、わざわざ白色と名前をつけているのは、

脂肪細胞にはもうひとつ種類があるからです。

それが、

もうひとつの脂肪細胞 ―褐色脂肪細胞―

です。

今回は、豆知識として褐色脂肪細胞をご紹介しますね。(^_^)

この細胞は、

白色脂肪細胞とは逆に、

脂肪を燃焼させる細胞なのです。

両者は機能だけではなく、見た目も違います。

褐色脂肪細胞は球形ではなく、

色は文字通り褐色を呈しています。

この褐色脂肪細胞は、

赤ちゃんの頃に多く存在しています。

というのも、

ヒトは生まれるときは裸であり、

生まれると、母体中よりも低温の外気に触れます。

そのときに、

心臓の周囲などに発達した褐色脂肪細胞が、

脂肪を燃焼させることで、

体温維持、ひいては生命維持を図っているからです。

そして、

成長とともに骨格筋が基礎代謝の役割を担うことになり、

褐色脂肪細胞はあまり機能しなくなります。

そのため、少し前まで

「褐色脂肪細胞は成人になると消失するか、

あったとしてもごくわずかで意味がないのでは

ないか」という考え方が通説でした。

しかし、

最近の研究では、

成人でもある程度の褐色脂肪細胞が残っていて

機能している

ことがわかってきたのです。

そして、

体を低温にさらすと

褐色脂肪細胞の代謝が活性化することや、

内臓脂肪量が多いほど褐色脂肪細胞の活性が低い

という実験結果も報告されています。

また

痩せていて血糖値が正常な人は、

褐色脂肪細胞が一般的に存在する

ことなども他の研究結果でわかってきました。

生活習慣病の予防と褐色脂肪細胞の関連が注目されています。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

次回もお楽しみに!

今後もよろしくお願いいたします。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画を試みています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。