「コインチェック事件」に見る仮想通貨との正しい付き合い方 2/2

実は、いまが仮想通貨投資のチャンスかも知れません!

記事

「コインチェック事件」に見る仮想通貨との正しい付き合い方 1/2

から言うと、

逆説的に聞こえるかもかも知れません。

ここで重要なことは、

「仮想通貨に過度に否定的になる必要はない」

と言うことです。

もっと突っ込んで言えば、

「仮想通貨投資には、ふたたび大きなチャンスが到来しうる」

と言うことです。

「事件のほとぼりも冷めぬのに、何を!」

とお感じになるかも知れません。

しかし、

こうした大規模事件のつど、

業界各社や監査官庁は、

信頼の回復や再発防止策の強化、

法整備などを急速に進めます。

今回も同様な動きがすでに始まっています。

こうした環境整備は、

長い目で見れば仮想通貨にとって

非常に良い結果をもたらすでしょう。

また、短期的には、

一時の狂乱的な価格が沈静化どころか、

すでに、一時期の3分の1まで下がりました。

投資家心理に冷や水を浴びせがごとく、

暴落したのです。

つまり、

まもなく底値がつき

(すでに底値なのかも知れませんが)、

好の「買い場」が訪れる可能性もあると言うことです。

(いまが、「買い場」かも知れませんが、)

価格の急落期は、

後で振り返れば往々にして千載一遇のチャンスです、

というのは、株でも仮想通貨でも同じでしょう。

すでに、

ブームの第一波は過ぎた感がりますが、

仮想通貨は、

まだまだ第二、第三の波が訪れると見て良いのだと思います。

特にこれから本格的に利用を検討される方は、

あるいは

仮想通貨を資産配分の一部に分散をお考えの方は、

まず、

仮想通貨の基本から、

取引所の管理体制やリスク、

そして、税務の情報まで、

しっかり押さえる必要があると思います。

そして、

次のチャンスに向けてしっかり備えると良いでしょう。

個人的には、

  • 全金融資産の5~10%ぐらいまでとして、

  • ビットコイン、イーサリアム、リップルなどのメジャー通貨のみにしぼり、

ドル・コスト平均法を使って、

  • 毎月、一定額を積み立てる(円から両替する)

という戦略が無難で好きです。

※ドル・コスト平均法については、前記事

ドル・コスト平均法( dollar cost averaging)をご存知ですか?

を参照ください。

最後まで、ブログお読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画を試みています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。