食事性低血圧ってなあに?

食事を食べた後、間もなく、

体がだるくなったり、

気持ち悪くなたり、

横になりたくなったり、

眠たくなったり、

など皆さんも経験したことがあるでしょう。

食後の低血圧に注意!

実はこれは、多くは血圧低下が原因なのです。

ひどい症状の場合、

食事性低血圧(Dietary Hypotension)

といいます。

発症機序は、

消化・吸収のために大量の血液が腸管に集まります。

そのため心臓の血液量が減り

血圧が低下して

脳への血流が手薄になってしますのです。

私たちの身体は心拍を速めたり、

血管を収縮させたりして、

血圧を維持しています。

これによって脳への血流も維持されているので、

通常は、食後に低血圧などは起こりません。

ところが加齢病気、体調によって、

体内の代謝をコントロールする自律神経などが

スムーズに働かなくなることがあります。

すると、

食後の血圧を維持する機能がうまく作用しなくなり、

急激な血圧低下が起こりやすくなるのです。

現在,

食事性低血圧の定義は確定されてはいませんが、

①食事摂取後1時間以内に平均血圧が20mmHg以上低下、

②食事摂取後2時間以内に収縮期血圧が20mmHg以上低下、

③収縮期血圧が食前100mmHg以上あった場合に90mmHg以下になる、

のどれかに該当する場合を陽性としています。

でも、

健康者に起こる眠気のように、

これらの基準以下でも軽い症状が出ることもありようです。

こう考えると、

お酒を飲んで眠くなるのも、気持ちが悪くなるのも、

ひょっとして低血圧が起きているためかもしれません。

お酒飲みすぎて、電車乗り過ごしちゃったて言うのは、

実は、

食事性低血圧だった可能性もあるのでないでしょうか。

食事性低血圧は、

自律神経失調、

パーキンソン病、

アルツハイマー病、

脳血管障害などの神経疾患だけでなく、

高血圧、糖尿病、透析、そして高齢などにより起こることも報告されています。

また,

高血圧に合併する食事性低血圧では、

降圧薬・利尿薬使用者に多く、

食後2時間以内(30分がピーク)に起こしやすいこと、

糖尿病に合併する場合では、

糖尿病の重症度や糖尿病性自律神経障害(胃排泄障害など)

と密接な関係があること、

血液透析患者では、血液透析中の食事で

仰臥位より坐位のほうが起こしやすいこと、

などが報告されています。

もちろん睡眠不足や疲労などがあれば、

症状が出やすいのは言うまでもありません。

高齢者では,

食事そのものが,

食後の意識障害や転倒とそれに伴う骨折,

食後の心筋梗塞・脳梗塞などのリスクファクターとなりうるため,

これからの超高齢社会において特に注意が必要です!

こうした食事性低血圧の予防として

コーヒー(カフェイン)が有効であるとの報告がります。

が、

確実性のある予防薬や治療薬はまだありませんので,

とりあえず炭水化物の摂取量を控えることが必要と思われます。

症状がおきたら、

脳血流を多くするために、

横になり、頭の位置を低くするなどの対応が有効かもしれません。

最後まで、ブログお読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画しています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。