「太り過ぎ」は「やせ」よりも長生きする?

肥満は、

メタボのイメージがあって、

やせている人と比べると早死する、

というイメージがあるかもしれません。

でも、必ずしもそうではないようです。

これについては、

国内外いろいろな研究結果があります。

その中では、

ヤセよりも、ぽっちゃり(太り過ぎ、ちょいブト)のほうが

長生きするようです。

東北大学の4万4千人に対する調査からは、

40歳の人が残りどれだけ生きれるか、

平均余命を調べています。

BMIによる肥満度合いに従い、

①ヤセ(18.5未満)、

②普通(18.5~25.0)、

③太り過ぎ(25.0~30.0)、

④肥満(30.0以上)

の4群に分類しています。

男女とも「太り過ぎ」が

最も平均余命が長いとの結果でした。

太り過ぎ>普通>肥満>ヤセ

の順で平均余命が長い。

「ヤセ」が一番寿命が短い。

以外ですね!

この研究では、「やせ」が短命な要因として、

細胞の機能低下による血管壁の破壊や、

栄養不足による抵抗力の低下などを上げていました。

厚生労働省5万人の調査でも

太り過ぎ>普通>肥満>ヤセ

の順に寿命が長い。

これら2つの日本人を対象にした調査の共通点は、

「痩せている人は、そうでない人に比べて

約6歳寿命が短い」

という結果でした。

ヤセている方が健康だというイメージと正反対ですね。

一方、

欧米の研究では、
肥満な人ほど寿命が短い、
という結果が多いようです。

一体どっちが正しいのか?

まあ、いずれにしても

ぽっちゃり(太り過ぎ、ちょいブト)のほうが長生きするようです。

そもそもメタボリック症候群とは、

内臓脂肪症候群のなどと呼称されたこともあるります。

この名称のように、

ヤセと肥満の違いは、まず「脂肪」の量にありますよね。

どうやら「脂肪」が、カギを逃げっているようです。

続きをご覧いただけると幸いです。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画を試みています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。