成功にはまずアウトプットが必要だ!

To Succeed You Need Output First!

樺沢紫苑さんの『アウトプット大全』を読んでみました。

最近、学習の仕方や自己成長の仕方に

従来の

「インプット」に対して「アウトプット」が強調されたています。

インプット(input)は「入力」アウトプット(output)は「出力」で、

もともとは

情報処理に対するデジタル用語として使われたのでしょうか。

具体的に言うと、

「読む」、「聞く」がインプット

で、

「話す」、「書く」、「行動する」がアウトプット

だそうです。

突き詰めると、この違いはなにかというと

「運動」

ということです。

運動神経筋肉を使って覚えることは、

「運動性記憶」と呼ばれます。

この記憶は忘れにくいという特徴があります。

皆さんは、学生の頃、どのような方法で学習してきましたか?

私は、

教科書や参考書を音読したり書いたりしてきました。

この方法だと、

ただ本を読み進めるのと違い、とても時間がかかりました。

黙読と音読、同じところの同じページ数を読むのに、

当然音読は時間がかかりますよね。

だけど、

なぜか黙読は頭に残らなかったのです。

結局、

両者のジレンマに陥入りながらでも、

音読をして書きなぐりながら、という勉強法を自然と選択していました。

これは、今流の言葉でアウトプットでした。(^_^)

学習方法など

今ほど注目されてない時代でした。

友達に相談をしてみることもなく、

皆は、本を読んだくらいでよく頭に入るなくらいに、感心(不思議)していました。(^-^;

習ったことを人に教えると、記憶によく残る、理解が深まる、

とよく言われることですが、これもアウトプットですね。

ウン、アウトプットは確かにすごいパワーを持っていると思います。

①記憶に残る、

の他に

②行動が変わる、

③現実が変わる、

④自己成長する、

⑤楽しい、

⑥圧倒的な結果がでる!

など、すばらしいメリットがあります。

成功したいなら、とにかくアウトプットからですね!

最後まで、ブログお読みいただきありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたします。
人生100年の時代となりました。
このプログは、超長寿化をどのようにして、
恩恵として享受したら良いかを模索しています。
そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、
企画しています。
できるだけ分かりやすくお伝えし、
皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。