親の世代はロールモデルとはならない

日本は世界最速で長寿化がすすんでいます

『LIFE SHIFT』では、

この現実に対応するための時間は少なく、

日本は早急に変化する必要がある

と唱えています。

あなたが何歳であろうと、

いますぐ新しい行動に踏み出し、

長寿化時代への適応を始める必要がある

と。

と言われても、

変化する必要があるのは分ったけど、

いったいどうやって、

変化したらよいのでしょう?

何を(誰を)生き方のお手本としたらよいのでしょうか?

ひと昔の私の親の時代は、50年の人生でした。

確かに、50年人生では、

「教育→仕事→引退」の順に、

一斉行進する時代でした。

だれもが、

大体このような人生設計をたどったと思います。

しかし、

長寿化人生には、

私たちは、

親の世代とは異なる道筋、キャリアの選択をする

こととなります。

そして、

私たちの子供たちも、

私たちの世代とは、

また違う決断をする

ことになるでしょう。

人生の道筋に関する常識の変化を、

皆さんもすでに感じ始めている

のではないでしょうか。

日本にあった終身雇用制度は、

いつの間にか

なくなってしまいました。

若者の生き方も変わってきています。

健康は100年人生のスタート地点、

そして、ライフ・シフトでまず準備すべきこと

長寿化社会と言うと、

高齢者医療や介護、年金など、

人生の終末期の問題だけと考えるかもしれません。

しかし、

老いて衰えて生きる年数が

長くなるわけではありません。

人の手を借りなければ生きれない期間、

つまり要介護期間は、

現在、約10年程度です。

これが長寿化で30年程度に伸びるなんて、

そんな暗い話ではありませんよ。

長寿化社会の最大の恩恵を得るには、

単に長生きするのではなく、

できるだけ健康に長生きすることが大切です。

いまの80歳は、

20年前の80歳より健康ですよね。

今の80歳の人たちの子供が

80歳になるときには、

もっと健康な日々を送っています。

【100年時代の人生戦略】

では、

まず、

健康を意識することが重要と考え、

当ブログでは、

「ヘルス・マネジメント」のカテゴリーを設けています。

参考にしていただければ嬉しです。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

次回もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。