糖を尿中にたくさん出して、血糖値を下げる糖尿病の薬・・・ なんだかインチ臭いけど、実は、メタボに有効!1/2

糖尿病って誰でも、聞いたことありますよね。

世界の糖尿病の人口は、爆発的に増え続けています。

2015年の調査で糖尿病有病者数は4億1,500万人に上り、

20~79歳の成人の糖尿病罹患率は8.8%で、

11人に1人が糖尿病と推定されています。

人生、100年時代になりました。

けど、だれでも100歳まで生きれる、と言う訳ではありません。

糖尿病があると、

100歳まで生きるのに不利になることが知られています。

100歳まで生きたい人は、糖尿病の予防をキチンとしましょう。

また、糖尿病の人は、キチンと血糖コントロールをしていきましょう。

いずれの場合も、食事、運動、睡眠に気を付けることは、

とても大切なことです。

糖尿病てどんな病気?

インスリンは、膵臓で作られ,分泌されるホルモンです。

体の中では、唯一の血糖値を下げるホルモンです。

膵臓は胃の背側にある横に細長い臓器です。

糖尿病の病態は、このインスリンの作用不足で、

慢性の高血糖状態をもたらします。

そして、慢性の高血糖状態が様々な合併症をもたらします。

糖尿病にはいくつかの種類がありますが、

一般的に糖尿病と言うと、

2型糖尿病と言われる糖尿病で、全糖尿病の90%以上を占め、

単に糖尿病と言うと2型糖尿病を指していることが多いようです。

2型糖尿病は、いわゆる生活習慣病です。

インスリンの産生・分泌が低下したり、

インスリンがあっても、効きづらくなったり(” インスリン抵抗性 ”と言います)、

これに、

過食、運動不足、睡眠不足、肥満、ストレス、加齢

が加わり、

発症

します。

ところで、

血糖値がある程度高くなると(閾値を超えると)、

血糖値に相関して尿中に糖が排出されるようになります。

この現象が、” 糖尿病 ” と呼ばれる由来ですよね。

ですから、「尿に糖が混じるなんて、よくないことだ」

と思いますよね。

もちろん、これは正しいです。

しかし、

糖の尿中への排泄を促進することで、

血糖値を下げる、

という働きをする新薬が出てきました!

もう世に出て、しばらく経ちますが、

初めのころは、

血糖値は下がっても本末転倒ではないか、・・・

尿に糖が混じるから糖尿病なのに、・・・

と感覚的に受け入れがたいものでした。

実は、この薬、

今やメタボに効果が期待されています。

次回、紹介しますね。

お楽しみに!

最後まで、ブログお読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画を試みています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。