最近注目される「孤独」! 何だろう?

孤独とは、

他の人々との接触、関係、連絡がない状態、

簡単に言うと ”ひとりでいる” ことです。

孤独は、これからのテーマです。

ちょっと、真面目に向かい合ってみましょう。

一人暮らし人口が増えていることにより、

「孤独」が注目されるようになりました。

平成の30年間で、

生涯未婚率の爆増や、熟年離婚率の3倍増など、

また少子高齢化に伴い配偶者に先立たれるなど、

独居者が増えているからでしょう。

孤独という言葉には、ネガティブな響きがありますよね。

「孤独死」さらには「孤独による自殺」に象徴されるようなイメージが

浮かぶからでしょう。

孤独になることを恐ている人は多い、かと思います。

なぜかと言うと、

人はもともと群れで生きているから、

と解説されます。

人間の歴史というものは、家族があって、周りにも家族があって、

50~100人の単位の群れになって生きてきました。

群れから追い出されると生きれない、

だから、本能的に孤独が怖い、

と生物学的にはこのように説明されています。

What is the difference between “solitude” and “loneliness”?

孤独は英語では、Solitude といいます。

これに、

「自分がひとりである」と感じる心理状態

Loneliness と言います。

さらには、発展させて両者の捉え方について、

Solitude は、能動的・自発的に一人を楽しむ『自立』のこ

Loneliness は、自分の意思に反して精神的に孤立して苦痛を感じる状態、

と、両者を区別して考える必要がある、と提案する人もいます。

つまり、孤独は「気楽」と、ポジティブに捉える傾向も見られます。

そもそも「孤独」イコール「寂しい」のようにネガティブに捉えられ、

孤独という言葉が誤解されているようです。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

コメントも大歓迎です。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画を試みています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。