「健康寿命の延伸」対策は生活習慣の改善から >運動の効用>t-PA 1/2

運動の効用:t-PAが分泌され、血栓予防に! 1/2

 

さらに、運動の効用として、続きます。

少し難しくなりますが、ご容赦ください。

t-PA(tissue-Plasminogen Activator:組織プラスミノーゲン活性化因子)

についてお話します。

止血血栓と病的血栓

まず、t-PAを解説する前に、止血血栓病的血栓の話をしたいと思います。

包丁で手を切ったなど、怪我をすると血が出ますね。

いわゆる出血です。

出血は、圧迫していると自然に止まります。

なぜでしょう?

それは、血小板(血液細胞の一種)と

血液凝固因子といわれるタンパク質の一連の反応が、

起きるからです。

血小板は、血管内皮の外の物質に触れると、

活性化と言って、

その物質に粘着し、お互いを凝集しあって、

集塊を形成する性質があります。

まず、血管が損傷すると、血小板は血管内皮の外の物質と接触します。

これにより、血小板活性化され、血管の傷口に集まり粘着、凝集して傷口を塞ぎます。・・・(一次止血といいます。)

この傷口を塞いだ血小板の集塊は、血小板血栓と呼ばれます。

この血小板血栓は脆弱で、容易に壊れます。

この血小板血栓を強固にし、止血をしっかりとするために、

次に、血液凝固因子の一連の生化学反応が生じます。

最終的に強固になった血小板血栓を、最終凝固産物の名前を取り、フィブリン血栓と呼びます。・・・(二次止血といいます。)

このようにして、出血を止めるために生じた血栓を止血血栓といいます。

止血血栓は、言ってみれば、出血に対する身体の防衛反応で、良い血栓なのです。

それでは、

血液が血管の中で固まらないのは、どうしてでしょうか?

それは、前述してきたように、血管の内腔を覆っている血管内皮の働きのためです。

ところで、出血もないのに血管の中で、勝手に血栓ができてしまったら、

大変なことになりますよね。

これが、止血血栓に対して、病的血栓と呼ばれるものです。

ここで、たとえば、動脈硬化が起きたらどうなるでしょう?

動脈硬化で、血管壁は病み、血管内皮細胞に障害を生じると、

血液は血管内皮細胞以外の物質と接触することになります。

これが血液中の血小板を活性化させ、

障害を持った血管内皮表面へ、血小板の粘着・凝集をもたらします。

そして、これにより血液凝固反応が惹起され、

最終的に血液中の血栓物質のフィブリンの塊ができます。

血管の中で、血栓ができたら大変ですね。

血行が閉ざされてしまい、酸素や栄養分が運搬されなくなり、

その下流にある組織は死んでしまいます。

つまり、壊死してしまい、病名レベルでは、梗塞と言います。

たとえば、心臓の筋肉を養っている冠動脈が詰まり、壊死がおきれば、

心筋梗塞となるわけです。

さて、次回は、いよいよt-PAのお話です。

最後まで、ブログお読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

人生100年の時代となりました。

このプログは、超長寿化をどのようにして、

恩恵として享受したら良いかを模索しています。

そして、老いつつある日本を活性化することにお役に立てればと、

企画を試みています。

できるだけ分かりやすくお伝えし、

皆さんが、楽しく読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。